MENU

花粉症の肌荒れはいつまで続く

お肌ケアって大切♪

花粉症になると肌荒れになりやすく、つらいものです。肌荒れは、いつまで続くのかと考えるとイライラします。花粉からくる肌荒れは、花粉の飛散量に比例して症状が悪化するので、いつまで続くかはその年によって違ってきます。

 

花粉の飛散ピークは地域によっても違いますが、大体2月後半から3月にかけてが、ピークになります。
ただ、スギ花粉の飛散終了時期は4月下旬あたりになるので、そのくらいまでは、肌荒れは続く可能性があります。このあたりの時期を過ぎると、花粉によって受ける肌のダメージは次第に少なくなっていくものと思われます。花粉症の肌荒れを防ぐには、それなりに努力が必要です。

 

外部からの刺激を少なくするよう、できるだけ肌に触れないようにします。かゆくなっても、こすらないようにしないといけません。鼻をかむときなどは、刺激の少ないティッシュを使用し、刺激を減らすようにします。

 

外出する時は、メガネやゴーグルを使用して花粉からの刺激を守ります。 花粉症の肌荒れを防ぐには、帰宅したら顔を洗うことも忘れてはいけません。

 

長時間、肌に花粉がふれていると肌トラブルの原因になるので、帰宅したらすぐに花粉を洗い流すようにしましょう。